京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

未来を拓く高分子化学

未来を拓く高分子化学の2015年11月7日の内容はこちら


実習指導

佐々木 善浩 (秋吉研究室 准教授)
澤田 晋一  (秋吉研究室 助教)

チューター

吉竹 広記  (秋吉研究室)
藤原 理絵  (秋吉研究室)
山田 安乙奈(秋吉研究室)

ボランティア

河崎 陸   (秋吉研究室)
藤本 達也   (秋吉研究室)

実施場所

桂キャンパス A3-320  

実習内容

両親媒性多糖から成るナノゲルがどのようにしてタンパク質の凝集を防ぐのか、さらにそれがドラッグデリバリーシステム(DDS)においてどのように応用できるのかを学習した後、卵白由来のタンパク質を用いて実際に実験で確認を行った。さらに、リン脂質を用いてアニオン性・カチオン性のリポソームを作製し、その表面電荷が他分子との相互作用においてどのような影響を及ぼすのかを、蛍光顕微鏡および共焦点レーザー顕微鏡を用いて観察した。

リポソームについての講義
リポソームについての講義

リポソームを作製している様子
リポソームを作製している様子

生体に学ぶバイオマテリアル創製についての講義
生体に学ぶバイオマテリアル創製についての講義

ナノゲルがタンパク質の凝集に及ぼす影響を観察
ナノゲルがタンパク質の凝集に及ぼす影響を観察


受講生の感想

  •  分子シャペロンについて生物の授業で習っていましたが、まさか変性タンパク質を元通りにできるとは思っていなかったので、話を聞いたときは驚きました。私の班は実験に失敗しましたが、ナノゲルを入れた方の試験管が透明になっていた他の班のものを見て、純粋に感動しました。ナノゲルがこんな重要な働きをするんだ、と実感しました。また、”リポソーム”という単語を聞いたことがあったのですが、どんなものか知りませんでしたが、今日の実験で、高分子ってこんなことができるんだ、と感じ、リポソームに興味を持ちました。貴重な経験になりました。ありがとうございました。
  •  リン脂質やタンパク質などの構造式が合ったので、ノートに写しておきたいと思います。前回、研究室訪問の時は停電の前日だったが、今回はたくさんの機械や、普段の研究室が見られたと思います。ナノゲルとリポソームの話が丁寧で分かった気になれました(本当は理解できないところがあるのかもしれないですが…。)。実験器具が使えて良かったです。もっと実験してまた実験ができる人になりたいと思いました。質問する内容や話したい内容をもっと用意しておきたかったです。
  •  高校で最近習ったことが少しでてきたのでうれしかった。いろんな研究器具に触れて、高校の実験との違いがわかった。大学では器具を洗わなくてもよいので無駄な時間が少なくて良いなあと思った。実験の機器の性能がすごかった。仕組みが不思議だ。
  •  もともと、生物と化学の分野が融合したような学問に興味が合って、このコースを希望しましたが、まさに想像通りな感じというか、ぜひこの分野に進みたいと思うことが出来ました。化学を用いて生体に有益な物質を作り、それをいかにうまく作用させるか、日々実験を繰り返し、今日のようにがんばって結果を確認するということがとても魅力的でした。今日はいろいろありがとうございました!実験成功できて良かったです!
  •  全然分からなかったらどうしようと思ってたけど、説明もわかりやすくて楽しかったです。ナノゲルの実験で、卵白が固まってしまったのは残念でした。親水性と疎水性を利用して、薬とかをナノゲルにとりこんでナイナイに届けるのはすごい画期的で便利だと思いました。リポソームも、生体に害を与えなくて、いろんな物質をとりこめて、便利だなあと思いました。大学についても色んな話がきけて楽しかったです。あと、あのピペットがかっこいいなと思いました。
  •  疎水性相互作用による自己組織化では、内部に疎水性物質を取り込むことができ、これが重要な性質だと分かった。また、ナノゲルにも内部に疎水的な部分があり、これを利用した分子シャペロンで、タンパク質の凝集を防ぐことができると分かった。これを、卵白という身近な物を使って、分かりやすく学ぶことができた。また、アルツハイマー病の治療などの医療分野に応用できると知り、より身近に感じ、より興味を持つことができた。リポソームを応用したドラッグデリバリーシステムでは、患部にだけ作用するため、副作用を減らすことができると知り、医療応用についてより興味を持つことができた。
  •  とても丁寧に1つ1つ説明してくださったので、想定以上に理解することができ、良かったです。ナノゲルの構造や、その疎水性を利用して内部に物質を入れる、というのはすごいことでしたが、それ以上に、目標の条件下で中身を出すようにすることができたり、細胞膜と同じだから攻撃されずに済んだりすることは驚きました。ナノゲルの医療への応用について全く知りませんでしたが、今日1日で多くのことを知ることが出来、自分でも調べてみたいと思っています。ありがとうございました。
  •  高分子って難しそうだし、今日ついていけるかなとかなり不安だったけれども、なるべく分かりやすくかみ砕いて説明してくださったので、理解して実験に臨めました。親水性、疎水性などの話は洗剤の仕組みを以前習っていて、多少は知っていましたが、洗剤に使われているようなことが細胞膜を作ることにも使われたり、医療にまで活用できることに驚きです。実験機器も高そうなものばかりで、普段絶対できない実験なので、とても新鮮で面白かったです。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート