京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

物理学

物理学の2016年2月6日の内容はこちら



実習指導

津村浩二 (素粒子論研究室 助教授)

チューター

佐藤芳紀 (素粒子論研究室 専攻)
梅田直弥  (素粒子論研究室 専攻)
京野秀紀 (素粒子論研究室 専攻)
坂本純一  (素粒子論研究室 専攻)
酒井勝太 (素粒子論研究室 専攻)
山本順二  (素粒子論研究室 専攻)

ボランティア

なし

実施場所

吉田キャンパス  理学部5号館 501号室 

実習内容

これまでに実施した内容についての感想を一人10分程度で発表してもらった。発表にはスライドや黒板を用いて、最後には質疑応答の時間も設けた。
次に、翌日に予定されていた発表会に向けて、班分けとテーマ決めを行った。今回は二つの班に分かれ、共に超伝導について発表することになった。
残りの時間はスライドの作成にあてた。

これまでの実習の感想の発表中
これまでの実習の感想の発表中

発表会のテーマ決め
発表会のテーマ決め

発表会に向けたスライドづくりの様子
発表会に向けたスライドづくりの様子


受講生の感想

  • 半年間の実験をふりかえることが出来、今後も知識を深めたいと思いました。
  • 実験を通して学んだ知識を、アウトプットすることでより知識を定着させることができたと思う。みんなの発表を通して後期の実験を振り返り、思い出すことができた。
  • 改めて振り返るといろいろなことをやらせてもらってきたのだなと感じた。せっかく学んできたので、忘れないようにしてこれから活かせればいいなと思う。
  • SSCの発表があり、途中からの参加となった。今回は総まとめの会で、超伝導2班に分かれ、発表準備にいそしんだ。自分たちの学んだことの再確認ができて良かったと思う。
  • 全体で発表をした。みんなの発表を聞いて総復習ができてよかった。
  • 皆の発表を聞いて、今までの講義の内容が忘れていたことも補えたし、上手い発表を見ることでこれからの自分の発表に生かせそうだと思った。
  • 今日は分野内発表会で今までの実習の復習ができて良かったです。自分の発表では発表するために実習を思い出し準備したのであの時あいまいだったことなどを理解し、整理できました。今日中にパワポを完成させて明日の発表を頑張ります。
  • 個人発表の準備をもう少ししておきば良かった。パワポの進捗はかなり良い!
  • 今日はこれまでのELCAS基盤コース後期の振り返り、明日の全体での最終発表会に向けての議論を行った。今までの内容を一通り確認することができる良い機会となった。

平成27年度以前の
実施レポート

平成28年度以降の
実施レポート