京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

物理学

物理学の2014年12月6日の内容はこちら

実習指導

津村 浩二  (理学研究科 物理学第二教室 助教)

チューター

梅田 直弥  (理学研究科 物理学第二教室 修士2年)
川井 大輔  (同 修士2年)
川名 清晴  (同 修士1年)
安原 大貴  (同 修士1年)

ボランティア

なし

実施場所

吉田キャンパス北部構内理学部5号館第4講義室

実習内容

前期量子論をテーマに大学で行われるゼミ形式での学習法と議論を体験してもらう。 初めに、軽く自己紹介をしてもらった後、グループに分かれて各自テキストの担当部分を読んでもらう。チューターは高校生がテキストを読破するのを担当グループごとにサポートし、質問を受けてそれに応えたり、自力で解答にたどり着くためのヒントを出したりする。一通り読み終えたところで、テキストの内容について理解したことを全員に発表してもらう。発表の際には聞き手にも質問などさせる。チューターも適度に質問して積極的な議論を促す。

受講生の感想

  • グループに分かれて討論をし、教えあい、その後でみんなの前で発表するという経験は初めてで緊張したけど、討論し合い、より理解が深まりおもしろかったです。量子論はとても難しかったけど興味があるテーマでもっと知りたいと思いました。
  • 結構難しくて、分からないことが多かったです。でも、自分の班の話はじっくりと考えることができ、分からないことはすぐにたずねることができて、おもしろかったです。また院生の方はていねいに答えてくださって、量子力学に興味を持ちました。ただ、あまり理解することはできませんでした。でも楽しかったです。
  • ゼミ形式での学びは初めてであろうと回数を重ねようと自分にとってはかなりのプレッシャーだと感じました。自分が理解したつもりでも発表中に指摘されて、いかに自分が言葉足らずかということに気づかされますし、他の人の説明をちゃんと理解しないと自分のためにも相手のためにもならないという点で、どのような時にも良いプレッシャーになります。ただ、今回僕が理解できた部分はほとんどではなかったので、今日の内容をまた復習して、さらに深く、どのような質問にも耐えられるように学んでいきたいです。
  • 「光の波長の見分け方」を題材に、製鉄の歴史的背景やホイヘンスの原理、ヤングの二重スリット実験などを読み解いてみて、本当に楽しかったです。私は特にヤングの二重スリット実験から得られる公式の求め方を追いました。近似を用いたりと普段あまり使わない計算方法もあり、難しかったですが、導くことができた時、とても嬉しかったです。今日、様々なグループに分かれ、それぞれ題材について考え、発表していくことで、自分達が考えたテーマはもちろん、他のグループの研究内容にもとても興味を感じることができました。量子論についてより深く知りたいと思ったので、量子論についての本を読んで理解を深めようと思います。初めてゼミ形式の授業を受けたのですが、こんなに楽しいものなのかとこれからのELCASが楽しみです。津村先生、安原さん、本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。
  • 自分から学び、深い疑問を持つことができました。量子論というのをはじめてならったけど、自分で考察し、グループの人や大学院の人に教えてもらうことで、自分の意見をしっかりまとめることができました。このような体験を通して、私はこれから大学などで、みんなで話し合って解決していく訓練をもっとしていけたらいいなあと思いました。また、量子論というのを通して、目に見えない世界で大きな力がはたらいていることがよくわかりました。そして、実験の大切さもわかりました。
  • ゼミで良い議論をするには説明する内容はもちろん、それ以上の発展知識や深い考察を持っていないといけないことを実感した。私たちのほとんどはまだ深い議論ができるほどの力を持っていない。今後それを身に着けるためELCASを通じて学んでいきたい。
  • 僕の学校では1年目では物理をやらないので数式とか大丈夫か心配でしたが、このコースに応募しました。今日実際に来てみて、予想以上の難しさでした。僕の部活では素粒子探索ということをやっているのである程度の知識はあります。それと照らし合わせるとわかることもありますが、やはり数式はきびしいです。これから勉強していこうと思いました。今日やったことがいつか完璧に理解できるように勉強しようと思います。
  • ゼミというものを初めて体験しました。普段は一つのことに対して討論する機会はないのでとても新鮮でした。発表は人前で話すことはあまり得意ではないので、これからもっと上達していくことができたら良いなと思いました。素粒子論は自分で少し学んだことがありましたが、詳しくはやったことがなかったので理解することがむずかしかったです。でも理解することは楽しかったです。

ゼミ準備中の様子
ゼミ準備中の様子

ゼミ発表1
ゼミ発表1

ゼミ発表2
ゼミ発表2


平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート