京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

物理

物理の2012年1月7日の内容はこちら

実習指導

芝内 孝禎 (固体電子物性研究室 准教授)

チューター

安元 智司(修士課程 1回生)
渡邊 大樹(修士課程 1回生)

ボランティア

なし

実施場所

理学部5号館北館第一講義室/256号室

実習内容

最初に超伝導に関する講義を行い、次に液体窒素と超伝導体を用いて以下のような実験を行った。

・液体窒素に触れる

・液体窒素で凍らせたバナナで釘を打つ

・ヘリウム、アルゴン、空気を液体窒素で液化させる

・ゴムボールを液体窒素で凍らせて割る

・いろいろな抵抗体の温度依存性を見る

・シャープペンシルの芯を電圧により発光させそれが液体窒素内だとどうなるか見る

・エタノールを液体窒素で凍らせる

・超伝導体を液体窒素温度に冷やしマイスナー効果を体験する

・超伝導体のピン止め効果を体感する

いろいろな抵抗体の抵抗を測っている様子
いろいろな抵抗体の抵抗を測っている様子

超伝導に関する講義を受けている様子
超伝導に関する講義を受けている様子


超伝導体の磁気浮上の実演の様子
超伝導体の磁気浮上の実演の様子


受講生の感想

  • ・今日は超伝導のしくみが分かった。 ・ピン止め効果を体験できた。 ・液体窒素でいろいろな物を冷やして遊んだ。 ・合宿に行けるそうなので、テンションが上がってきた!! ・オプションコースもあるみたいで、次回が楽しみだ。
  • 今回は超伝導について学びました。分からないことが多々ありました。量子の世界は奥深くて、高校生で実験するのは難しいと思いました。実習では、超伝導の性質を生で感じ取れたと思います。京大には様々な先生がいますが、流体力学について研究している人がいたら、その人にいろいろ教えてもらいたいと思います。流体力学についての実験はありませんか?
  • 今回はマイスナー効果で磁石が実際に浮上するのを見ることができた。最近鉄道に興味があり、その中でリニアモーターカー等の次世代列車への興味もわいてきていたので、その原理の一部を実際に見ることができたのは良かったと思う。また気化したヘリウムの上にヘリウムが乗ることで地面の上をヘリウム滴が変わった移動をしているのもとても面白く、会場を火砕流が渡ることも何となく理解できたように思われた。
  • 柴田先生が物理の人たちを天文合宿へ連れて行きたいっていうか連れてきて!!っていわれたので(花山天文台合宿)ぜひとも合宿して下さい!!
  • 超伝導で、反発しているのを見て感動しました!他にも、液体窒素でエタノールを凍らせたりしたのも楽しかったです。バナナおいしかったです(笑 天文台合宿いきたいです)。
  • 「超伝導」という単語を磁石が宙に浮くという事実を何となく知っていただけだったが、絶対零度における様々なおもしろい現象の片鱗を味わうことができて良かった。次回がより楽しみになった。
  • 今回は液体窒素でいろんな物を凍らせました。とても楽しかったです。磁石が液体窒素の中に入れたら浮いたのはすごかったです。次回もたのしみです。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート