京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

物理

物理の2011年10月1日の内容はこちら

実習指導

市川 正敏 (時空間秩序・生命物理学研究室 講師)

チューター

林 仁志 (修士課程2回生)、加渡 大貴(博士課程1回生)

ボランティア

なし

実施場所

理学部5号館235号室(講義)、026号室(実験)

実習内容

(前半) 市川先生がブラウン運動の歴史と理論の講義を行った。

(後半) 光学(蛍光)顕微鏡により、(1)コイル状態(ひも状に伸びている状態)のDNA分子、(2)グロビュール状態(凝縮された状態)のDNA分子、及び(3)マイクロビーズという、大きさと形状の異なる物体のブラウン運動を観察し比較を行った。各々の興味に応じて更に解析ができるように、得られた動画データを配布した

顕微鏡によりブラウン運動を観察・録画顕微鏡によりブラウン運動を観察・録画

顕微鏡によりブラウン運動を観察・録画顕微鏡によりブラウン運動を観察・録画


得られた画像データ
得られた画像データ


受講生の感想

  • ・昨年と違ってオプションコースが無くて残念でならない ・合宿も行きたいです ・教科書で言葉でしか習っていなかったが実際に観測できてよかった ・大学の人と親しくできてよかった。
  • 学校で学んだコロイドの現象を、DNAという意外でなかなかみられないもので見ることができて良かったと思う。家庭でもコロイドのアインシュタインによる定式化や、その他のコロイドに関することを自分で学習してみたいと思った。
  • オプションコースもあったらよかったな。
  • 今回はブラウン運動だったが、プライベートでもいたことがあったのですんなり話に入り込めた。顕微鏡でピントを合わせるのに時間がかかったが、蠢く粒子を見ていると人間も似たようなもんだなあと思った。やっぱり秩序は存在しないのか…
  • 先輩が「ブラウン運動を教科書以外で実際に見ることが出来るのはすごい」と言っていたのですが、物理を全く習っていない僕にとっては「そもそも、ブラウン運動って…何?」となっていました。しかし、ブラウン運動について、またコロイド粒子について少しは分かったかなと思います。これからも難しい話が多くなってくると思いますが、めげずにがんばりたいと思います。
  • DNAがあんな風に動いているのを初めて知ってびっくりしました。自分の体の中ってあんな感じなのかと思ってゾッっとしました(笑)。次回も楽しみです。
  • ブラウン運動について深く知っていた訳ではなかったが、今日のELCASでブラウン運動を実際に観察できたので良かった。
  • オプションコースとか参加してみたいです。合宿が楽しみです。今回はブラウン運動について、本当に動いているのを見て楽しかったです。暗室で見るのも初めてだったので、こんな実験ができるんだと思いました。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート