京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

物理

物理の2011年2月19日の内容はこちら

実習指導

常見 俊直(研究員)

チューター

渡邉 大樹(学部4回生)

ボランティア

なし

実施場所

理学部5号館511号室

実習内容

π中間子が崩壊するときの光子の出る方向を相対論的に計算したあと、粒子の崩壊をモンテカルロ法でシミュレートした。

 計算

計算

ソフトのインストールソフトのインストール


シミュレーション結果
シミュレーション結果


受講生の感想

  • オプションコースではrootやvisual studioのダウンロードとインストールに時間がかかった。お昼は学食が開いてなくてショックだった。π中間子が光速近くで動いているときにγ線に崩壊するときのθを求めようとしていたが、なかなか求まらなくて疲れた。それで全然予定程に話が進まずに終わってしまった。残念だったが楽しかった。今回がELCAS最終回かと思うと寂しい。この約半年間のELCASを通して、色々なことを学べたし、本当にいい経験になった。現代物理への興味や理解が深まり、科学が大好きなメンバー同士の交流は大いに励みになった。ありがとうございました!
  • これが最後なんて信じられないです!!ELCASでは本当にいろんな事を学ばせてもらいました。感謝してもしきれないです。まだまだ知らないことがたくさんありいっぱい大学で学びたいと思いました。正直今の僕には理解し難いような内容もありましたが、ELCASのみんなと互いに教えあいながら深めることができましたし、ちょっとですが物理の真髄に触れることができた気がします。物理の知識という意味でもまたそれ以外の同じ志を持った同世代の子仲良くなれたという意味でもELCASには本当にお世話になりました。ありがとうございました。あ、最後に、ノーベル賞をとって僕は新世界の神になる。
  • ・今年のELCASは楽しかったです。・合宿では他分野の人との交流ができ楽しかったです。・来年もよろしくお願いします。・来年もELCASを開催して下さい。
  • ・今日は粒子の運動について勉強できた。・今までのELCASを振り返ってみると、あまりにも早い気がした。みんなで初めてあつまったのがまるで昨日のようだ。・ELCASではいろいろ経験をさせてくれた。・毎回毎回新しいことを気づかせてくれた。・俺にとってELCASはかけがえのないものだと今は思える。・本当によかった、ありがとうございました。・なんども言うがELCASは楽しくて早すぎた。もっとみんなと楽しくしていたかった。・来期もELCASはあってほしい。
  • 今回は、実際に大学や研究機関で使っているシミュレーションソフトに触れ、物理を学ぶためのツールを扱うことの難しさを知ると同時に興味を持った。半年間にわたる体験学習コースへの参加によって物理の先端を身をもって知ることができ、物理を学ぶモチベーションは大いに高まったと思う。
  • ローレンツ変換の問題が難しかった。ローレンツ変換についてはなんとなくわかったからよかった。
  • ローレンツ変換は全く自力で解けませんでした。英語の資料の中から必要な情報を読み取るのも「無理ッ」でした。オプションでは頑張ってガイガーカウンターについての、これまたin Englishの資料を読みました。終了発表までに理解できると良いです。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート