京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

物理

物理の2010年9月4日の内容はこちら

実習指導

常見 俊直(研究員)
米澤 進吾(助教)

チューター

渡邉 大樹(学部4回生)

ボランティア

なし

実施場所

理学部5号館511号室・タンデム加速器実験棟

実習内容

全員自己紹介を行った後、タンデム加速器実験棟を見学した。最後に教室に戻り、ガウス加速器の原理を応用して鉄球をどこまで加速できるか競争した。

 電磁誘導で落下速度が遅くなる現象を観察 電磁誘導で落下速度が遅くなる現象を観察

タンデム加速器実験棟の見学タンデム加速器実験棟の見学


ガウス加速器 ガウス加速器


受講生の感想

  • 第三期ELCASが始まりました!これからどんなことをするのか、とても楽しみ
  • 遠くから着ている人が多いです。
  • 加速器について説明も聞けて面白かった。色々な場所からメンバーが来ていて驚いた。皆楽しそうな人なので協力して頑張っていきたい。
  • 初めは緊張していましたが、みんな感じがよくいい雰囲気で初日を終えることができました。楽しみながら知識を得るとともにここでしか味わえないものをどんどん吸収したいっです。半年間、よろしくお願いします。あっ、あと常見さんぐらい自己紹介が上手になりたいです。
  • 磁石を使った実験ではみんなが楽しめて良かったと思う。
  • 加速器を初めて見てとても感動した。映画とかドラマとかでしか見る事がない物を見るのはとても興奮 ・研究室の様子を見たけど僕が想像した通りの感じだった。工具とか機材がいろいろなところに置かれていて、すごそうなパソコンとかびっしりつまった配線は映画のワンシーンみたいだった。 ・ガウス加速器は「ガリレオ」というドラマでやっていたので原理は知っていたが、実物を見てとても興奮した。連段でするとあそこまで速くなるのかとびっくりした。とても楽しかった。
  • 加速器を見られてよかったです。たのしかったです。
  • 磁石や鉄球を使って速度を上げる実験はとても楽しかったです。動やったらもっと速い速度がでるか考えてみたいと思います。
  • 最後にやった実験が一番面白く、実験はやはりいいなと思った。自分の考えたやり方でうまくいったのが嬉しかったが、相手のチームに勝てなかったことが無性に悔しかった・・・・。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート