京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

物理

物理の2009年6月20日の内容はこちら

実習指導

なし

チューター

佐田優太(修士課程2回生)
酒向正己(修士課程2回生)

ボランティア

なし

実施場所

理学研究科 5号館 511号室

実習内容

前半は今井教授による、特殊相対論(後半)の講義。特殊相対論(前半)で求めたローレンツ変換から出発し、質量とエネルギーの等価則(E=mc^2)を導いた。

後半は、宇宙線の寿命測定の解析。そして、終了発表へのまとめを行った。

受講生の感想

  • 今日はデータ解析をコマンドプロンプトを使ってしました。C言語は理解できないなぁと思いました。でも、データがグラフにも数値にも表されていたのでとても便利だとは思います。これからレジュメを作るので、まだまだ頑張りたいです。
  • 発表前最後の講義で、ついにミューオンの寿命を求めることができた。7月18日の発表は、これまでの内容をうまく伝えられるものにして、ELCAS第一期生を成功で締めくくりたいと思う。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート