京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

物理

物理の2008年12月20日の内容はこちら

実習指導

今井 憲一 教授

チューター

佐田優太(修士課程1回生)
酒向正己(修士課程1回生)

ボランティア

なし

実施場所

理学研究科 5号館 511号室

実習内容

C言語の基本的な使い方を中心として指導。 コンパイラのインストールから始め、実際に一つ一つのプログラムを自分たちで作ってもらいながら、実習を行いました。具体的には、算術計算、ファイルの読出し・書出し、条件文の使い方、変数の型について学びました。

全員プログラミングは初めてということもあり、皆苦労しながらの実習となりましたが、今回の実習内容は次回以降に行う数値シュミレーションの理解に役立てられると思います。

講義風景
講義風景


講義を聞きながら実際にプログラミングをしている
講義を聞きながら実際にプログラミングをしている


うまくプログラムが走らないということに対して、個人的に指導中。
うまくプログラムが走らないということに対して
個人的に指導中。


受講生の感想

  • パソコンを使うことは思っていたよりも高度なことであったが、いつもパソコンを使うわけでもないのに、とても分かりやすくて、本当によかったと思いました。家でも少しずつ使ってみたいと思います。
  • C言語って難しいと思った。何をどうすればどうなるか自分でも実験してみたいと思う。これが今後どのように使用されるか楽しみ。
  • プログラムをつくるのは初めてだったのですが、内容が理解できてよかったです。プログラムをつくるのは難しそうで、自分には無理だと思っていたのですが、案外上手くいけて楽しくてよかったです。
  • プログラミングには興味があったのですが、面倒臭そうなので、なかなか自分ではやってませんでした。しかし、今日はとっかかりを貰えたので、これからはもっと積極的にプログラミングをしていきたいと思います。
  • 今日はプログラミングの講義でした。速い進行でしたが、分からない所を丁寧に教えてもらい、とても分かりやすく理解することができました。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート