京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

生き物たちの時計の話-あなたは時計をはずせない-

  • 生き物たちの時計の話-あなたは時計をはずせない-

日時

2010年1月9日(土) 

講師

小山時隆准教授

受講生の感想

  • 蛋白質の周期的な変化で時間を測れるなんて。わかりやすくてよかったです。
  • 哲学的な要素もあって面白かった。時間生物学という分野があることを初めて知りましたが、時計と生物の共通点など考えたこともなかったお話を聞かせていただいて興味がわきました。
  • 細胞の一つ一つが時計を持っているということが興味深かった。
  • 生物と細胞と蛋白質と時間の関係についてよくわかった。時間が異なる蛋白質を混ぜると時間が一つに合うのが意外だった。
  • 「生物は時計」という定義みたいにできる研究がされていることを知れてよかった。物理学を使って生物を研究できるのが面白いと思った。
  • 時間はあるけど無い、無いけどあるようなものだと個人的には思う。題名からDNAの話とか出てくるのかなと考えていたが予想以上に面白い話だった。たった3つの蛋白質で時計が出来ているのはすごいなと思った。興味深い話だった。マウスの話など出ていたけれど、質問してみて寿命と1日の時計の長さは関係ないと分かり意外だった。
  • 今日は興味深い話を聞かせていただきました。体内時計の話は興味があったのでもっと深く知りたいと思いました。
  • 生物と時計の話の関連性がよく分かった。また生物の時間というものはとても大切なものと思った。
  • 細胞単位で時間が刻まれている事には驚きました。
  • 身近なことから入っていかれたので楽しかった。
  • 時計と生物との関係性はとても興味深く面白かった。人間の体内時計は25時間で24時間にリセットする為に太陽の光が関係していると聞いたことがあるので知りたかった。
  • 生物の時間感覚が蛋白質や細胞レベルで持つ周期性に由来するということがすごく興味深いと思いました。
  • 身近な生物が自分の体のことなので興味を持って聞くことができた。
  • 興味深い内容でとても関心を持てました。時間の概念がこんなに深いものだとは知りませんでした。
  • 人間が周りの時間を合わせるのと同じように違う時間を進んでいた蛋白質もどれか一つの蛋白質に合ってしまったというのがすごい面白いと思いました。
  • 実際はそこそこ難しい話をして下さったのだと思いますが、わかりやすい身近な例をあげながら説明して下さったので分かりやすかった。
  • 生物自身が時計であるという考え方が新しくて面白かったです。実験や研究の内容を詳しく説明していただけたので分かりやすかったです。
  • 単細胞生物にも体内時計があって周期的な行動が出来るということに驚いた。化学や物理みたいに難しくなくて面白かった。
  • 生き物全てにとって、また私たちが生きる上でも身近な議題だったので集中して聞けました。
  • 蛋白質が周期を持っているという点が面白かった。
  • 本日の内容は時間と生物の話でとても面白かったです。身近だけど興味深く、シアノバクテリアの時計がたった3つの蛋白質+αで出来るなんてすごいと思いました。自分も生物と化学のこの様な分野に興味があるのでとても参考になりました。
  • 周辺のことと多くのことが結びついていて非常に興味深かった。自分自身と結びつけられることが多々あり、分かりやすかった。
  • 大きくなったらこんなに難しいことを勉強するのがすごいと思いました。
  • 話は面白かったですが、少々分かりにくかったです。
  • 時間を1時間半にしてほしい。1時間はもったいない。
  • 植物園に時計草を見に行きたくなりました。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート