京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

生物

生物の2012年12月15日の内容はこちら

実習指導

今元 泰(分子生体情報学 准教授)

チューター

前田  亮(博士課程 2回生)

ボランティア

なし

実施場所

理学部6号館 4F実習室

実習内容

小型分光器を用いて様々な波長の光を投影し、その色を観察してPowerPointでカラーバーを作成した。

葉緑体、バクテリオロドプシン、ヘモグロビン、PYPなど生物由来の色素の吸収スペクトルを分光光度計で測定した。それらの吸収スペクトルをPowerPointでグラフにし、物質がよく吸収する色と目で見える色を比較した。

バクテリオロドプシンの吸収スペクトルを用いて、ヒトの三原色に対応する赤、緑、青の視物質の吸収スペクトルを作成した。

蛍光灯や白色LED、緑色や赤色のレーザーポインタから出る光を光ファイバーで検出し、実際にどの波長の光が目に届いているかを調べた。

測定・観察データの解析
測定・観察データの解析

生物由来の色素。左から、PYP、葉緑体、バクテリオロドプシン、ヘモグロビン。
生物由来の色素。左から、PYP、葉緑体、バクテリオロドプシン、ヘモグロビン。


分光光度計で測定した様々な色素の吸収スペクトル
分光光度計で測定した様々な色素の吸収スペクトル


受講生の感想

  • 今日は、光についてしました。光については植物の時に光についてしたので、光の波長の紫外線とか可視光緑、赤外線についてはなんとなく見覚えがありました。コンピューターを主に使っていたので、コンピューターができないのでなかなかてこずってました。どうしたらパソコンができるのか謎です。今回は色々見覚えのある機会を使っていました。最初のELCASで2面がギザギザの容器を使ったので、あれから3カ月くらい経つんだなとなつかしんでいました。
  • 自分は体験学習コースに遅れての参加となりましたが、それにもかかわらずプリントと説明だけで大方の内容が理解できたのは、”分かりやすく伝える力”が“最先端の科学”に携わる人々には備わっているからでしょう。そのような力が必要であることは、ここまでのとても分かりにくい文章を書いている僕にとっては重要でしょう。ところで、今回は光のスペクトルについての実験でした。はっきり言って、遅れて入室した時、部屋を間違えたのかと思いました。しかし、パソコンを多用するという作業のような時間でしたが、これが“最先端の科学”を支えていると思って感動し、胸が熱くなりました。本当です。
  • 今回は光の波長と色の関係、三種類の色素についての観察を行いました。はじめに小型分光器を用いて白色光を単色光に変換し、350nmから750nmまでを50nmおきに色を観察し、パワーポイントで8つの色に分けて記録していきました。白一色にしか見えない光にこんなにもたくさんの色が含まれていると知って驚きました。色々な物質の吸収スペクトルを調べる実験では、葉緑体、バクテリオロドプシン、ヘモグロビン、PYPを使用しました。私達の目に見えている色が、その物質が吸収していない光で、それ以外の色が全て吸収されているそうです。海藻の緑藻や紅藻などの分類も光の波長によるものだと思うと、とても興味深いと感じました。最後にヒトの視覚の三原色をグラフで表示し、青視物質と緑視物質と赤視物質の波長が良く分かりました。学校で習っていたものも含まれていたので、さらに理解が深まり、本当に良い勉強になりました。
  • 可視光線より外の波長の光が見えないのがなぜかやたらと悔しかった。そこにあるはずなのに見えないと言うことにとても興味深いと感じているので面白かった。パソコンで上手くデータをグラフに表すことができたので良かった。また、光の波長を計測する機械で小さいライトと携帯電話のライトの波長が全く同じだったので感動した。これらの計測データを学校に持ち帰り、周りの子達にも教えてあげたい。
  • 今日は、光の波長と光について実験と、パソコンでデータの整理をしました。最初実験では、実際に波長を変えると、光の色が変わっていく様子を見ました。光の色と波長と言うのが、なかなか感覚的に結びつきにくく、不思議だなあと思いました。でも、次々に色が変化するのが、とてもきれいでした。そして、データをパソコンで整理して、グラフにして比べました。グラフ化することで、また違った見方ができて、面白かったです。今までの研究でも、どこでもパソコンを使っていました。デジタル化することによって、今まで見えていなかったことまで見えるように、知れるようになったんだろうなあと思いました。パソコンを使えるようになることも、大切だなあと思いました。
  • 今日は時間を間違えていたうえに、早めに終わったので、ほとんど何もできませんでした。しかし、今回は視覚に関することをしたのですが、生き物が光を感じる仕組みをとてもよく理解することができて良かったです。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート