京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

生物

生物の2012年2月4日の内容はこちら

実習指導

堀 道雄(動物生態学研究室 教授)

チューター

八杉 公基(動物生態学研究室 博士課程3回生)

ボランティア

なし

実施場所

理学部2号館308号室

実習内容

カエルアンコウAntennarius striatusを用いて、魚類の捕食被食関係を探る。カエルアンコウを解剖し、胃を取り出した後、内容物を確認する。内容物が未消化の場合は、種同定を行う。

カエルアンコウの解剖風景

カエルアンコウの解剖風景


カエルアンコウの解剖風景
カエルアンコウの解剖風景


受講生の感想

  • 初めて魚を解剖して、とても楽しかった。解剖していくうちに、どこをどう切ったらいいか分かった。全部で10匹くらい、おなかを切ったけど、2匹だけ、胃からエビが出てきた。エビの頭が溶けていて、生々しかった。他にも、骨や魚が出てきた。泥だらけの胃袋を切り開くのはプレゼントを開けるときと同じような、わくわくした感じがした。またこのような解剖をしたいと思った。
  • 今日はカエルアンコウの胃の中を調べました。とても臭いがきつかったですが、初めての魚の解剖でとても楽しかったです。胃の中からは泥しか出てきませんでしたが、腹から出てきた魚や、カエルアンコウが魚を丸のみしている映像を見ると、とても興味深かったです。アンコウの体の皮膚がザラザラしていることや皮膚が伸びることがとても面白かったです。アンコウの疑似餌も生で見たのは初めてで、思っていた以上に小さかったです。今日は色々と初めてのことや新しい発見があって、とても楽しかったです。
  • 魚を解剖して、胃の内容物を取り出し、それを調べて生態系を研究するということをはじめて体験した。何匹解体しても、なかなか見つからず、やっと出てきた時は、とても感動した。結局、良い状態の標本を取ることはできず、残念だった。しかし、魚の胃を調べる解剖は初めてで、今回使用したカエルアンコウは初めて見る種で、とても興味深かったので、とてもよい経験となった。
  • 今日はカエルアンコウの解剖をしました。以前、学校でアジの解剖をしたのですが、カエルアンコウの体の中は、アジとは全く違いました。自分の体はどの魚も飲みこめるように、皮は薄く、伸び縮みしやすくなっていました。胃袋、肝臓、うきぶくろなど、様々な臓器がはっきり見てとれて、感動しました。この解剖の目的である、胃袋の中身を調べてみると、ほとんどは泥だったのですが、たまに小魚やエビなどが出て来て驚きました。小魚やエビなどを食べる魚を、私達人間が食べるという食物連鎖を実感しました。また、先生が研究されているという右利きの魚と左利きの魚の違いにも興味を持ちました。奥深く見てみると、魚も人間同士のような違いがあっておもしろいです。ありがとうございました。
  • ELCASで一度は解剖をさせてもらえるのではないかと期待していたので、今回実際にすることができてとても嬉しかったです!カエルアンコウの胃から内容物を取り出すのが目的だったのですが、解剖してみると出てくるのは泥ばかりだったので、アンコウには悪いですが何匹もトライしました。他のみんなが魚やエビを発見するのに自分だけ泥しかないと落ち込んでいたら、最後の最後に消化されて2つに分かれた小さなエビを発見しました。感動しました。本当に魚が食べ物を丸飲みしているのだとよく分かりました。とても貴重な経験になりました。ありがとうございました。
  • 魚の解剖は初めてだったので戸惑いましたが、何匹かやっていくうちに慣れてきました。初めのうちは胃の中は泥ばかりで何も見当たりませんでしたが、魚を胃の中に発見した時はとても嬉しかったです。消化されかかってはいましたが、原形はとどめていました。さらに魚の骨も見つかり、魚の食べた物を見るというのはとても新鮮でした。カエルアンコウが魚を丸のみする映像は衝撃的でしたが、そのようにして魚も生きているんだということを改めて感じました。学校では実験をしないので、とても貴重な経験となりました。
  • 今回は、カエルアンコウを解剖しました。イカやニワトリの脳を解剖したことはありましたが、魚の解剖をしたのは初めてだったので、とても新鮮でした。ずっとELCASで解剖実習をやってみたいと思っていたので、願いが叶って嬉しかったです。全部で10匹くらいは解剖したのですが、胃の中から小さな魚が出てきたのは一つだけでした。ほとんどは泥ばかりでした。また、肛門を探して、そこからはさみを入れておなかを切り、胃を取り出す作業は、最初は大変でしたが、だんだんと慣れていき、とても楽しかったです。においは魚くさくてつらかったですが、解剖自体は本当に楽しくて充実した時間を過ごせました。ELCASもあと一回で終わってしまいますが、最後も楽しみたいと思います。ありがとうございました!!

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート