京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

生物

生物の2011年1月15日の内容はこちら

実習指導

疋田 努(動物系統学 教授)

チューター

栗田 和紀(博士課程1回生) 
中野 隆文(修士課程1回生)

ボランティア

なし

実施場所

理学部2号館216号

実習内容

爬虫類の同定:京大総合博物館に所蔵されているマダガスカル産のカメレオン・ヘビ類標本の同定を行った.検索表等の同定支援情報を使用して,形態形質の観察からそれぞれの標本の学名を決定した.爬虫類の液浸標本は退色してしまうため,最後に観察した標本の生態写真と採集地の写真のスライドと共にマダガスカル採集旅行の紹介を行った.

標本の観察から学名が決定される標本の観察から学名が決定される

爬虫類の分類形質の説明を行う疋田教授爬虫類の分類形質の説明を行う疋田教授


観察した爬虫類の生態写真を紹介する疋田教授
観察した爬虫類の生態写真を紹介する疋田教授


受講生の感想

  • 今日はヘビ,カメレオンの種族の同定の実習だった.はじめは判断の基準となる”key”が英語だったこともあり,本当にできるのか不安だったが,ウロコの数を数えたり,作業を進めていく内に,少しずつ要領をつかむことができた.そして同定が終了し,それが正解だとわかった時は,本当に嬉しかった.最初のもやもやが一気に晴れた時の爽快さは,筆舌につくり難い.今日も有難うございました.
  • 今日,初めてまともに種の同定をしたわけですが,いや~難しい.まず,keyが英語なわけで.英語嫌いの私にはそれだけでも大変なのですが,それに加え,同種としか思えないくらい似ている奴もいまして.1人一匹ずつくばられたのですが,なぜか私の担当はどちらもややこしく.同定の大変さがよくわかりました.
  • 今日の体験学習講座ではマダガスカルのヘビとカメレオンの種の同定を行いました.僕はは虫類が大好きなのでとても楽しかったです.カメレオンの種の同定はかなり難しかったのですが,先生に助けてもらって種の同定ができました.また,テレビでしか見ていなかったトビトカゲやトビヘビの標本をも見ることができてかなり貴重な体験になったと思います.さらに,マダガスカルの動物のスライドショーを見て,マダガスカルにはとても珍しい種がいるのだなぁと思いました.とても貴重な体験をすることができたので感謝しております.
  • 今回は,ヘビとカメレオンの同定をした.トカゲの同定を一度したことがあるので,似たようなヘビの同定はスムーズに進んだが,カメレオンの方は,難航した.同定につかう資料は,英語であるため,専門的な単語が出てくると,立ち止まるしかなかった.このような活動は,久しく,楽しかった.
  • ・今日はヘビとカメレオンの標本を使って,種類を判別しました.200以上もあるうろこを数えたり,たくさんあるうろこには名前があり,それがどのような位置に存在しているか,など多くのkey(検索表)を使って,1つの種類に特定していきました.なかなか,これには根気がいりました.
    ・先生の外国での採集の活動がすごくおもしろかったです.私もいずれ外国に行ってみたいと思いました.でも,病気にはかかりたくないですね(汗).
    ・分類学は,生物の進化などを調べる上で,とても重要であるということがわかりました.また,興味があれば調べてみたいと思います.
  • 今日は,今までで1番楽しかったし,分かりやすかった.ハ虫類を手でさわったのも初めてだし,イグアナとかカメレオンも実際見たことがなくて良い経験でした.マダガスカルにいる多種多様のハ虫類は色も形も生き延びるために工夫されていました.最先端科学もすごいことだと思うけど,今回のような生物の研究も最先端科学と同じくらい必要で素敵なことだと思いました.
  • 私は爬虫類が好きなので,今日の実習は標本とか,じっくり細かいところまで見ることができてとてもおもしろかったです.マダガスカルには死ぬまでに1回は行きたいと思っていますが,話をきいて,やっぱり病気とか大変みたいで,病気には負けない体にきたえたいと思います!ヘビの分類とかにうろこの数を二百枚とか数えないといけない,というのは驚きでした.雑な私には少しつらい作業です(笑).
  • ハ虫類は,(特にヘビ)昔から少し苦手意識がありました.今日,実際に標本を見て,意外と目が可愛かったのに驚きました.最初は触るのに抵抗があったものの,慣れると可愛く見えました.実習の方は,標本のヘビやカメレオンを出してきて,その属や種類をうろこの数などから推測するものでした.英語でkeyが書かれてあったので読めませんでしたが,頑張って読めるようになったら良いと思いました.今日はハ虫類のかわいさが良くわかって良かったです.

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート