京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

生物

生物の2010年6月19日の内容はこちら

実習指導

戸部 博 (植物系統分類学 教授)

チューター

掛澤明弘(修士過程2回生) 
山本武能(修士過程2回生)

ボランティア

なし

実施場所

理学部2号館218号室

実習内容

前半は前回決めた発表の流れに従い,生徒各自でスライドを作成した.OAは質問に対する回答やアドバイスを適宜行った。

後半は作成したスライドを用いて発表練習を行った,演者はプロジェクタと指し棒を用いて本番同様に発表を行い,それに関して残りの生徒,及びOAが良かった点や改善点などを議論した。

最後に生物系全体の発表の流れを再確認し,実習を終了した。

実験手法に関する説明
実験手法に関する説明

スライド作成中
スライド作成中


発表練習中
発表練習中


受講生の感想

  • 自分はDNAの抽出にまとめていたのですが,本当に多々の事を学んだのだなあと思いました。本当に,今まで多々なことを教えてくださった先生方に感謝したいとともに,少しでも,その教えてもらったことを将来生かしてもらえば良いと思っています。
  • 自分のプレゼンについていろいろとアドバイスをもらえてありがたかったです。発表にむけて頑張って完成させたいと思います。最後の体験学習でしたがこれからもずっと生物のメンバーと仲良くしたいです。ありがとうございました。
  • プレゼンの難しさを今日改めて知りました。
  • 8月7日分のプレゼンの練習をしました.色々な指導を頂き,参考になりました。最後のELCASですが,楽しかったです。
  • ELCASの発表準備でした。発表がちゃんとできるか不安ですが,頑張ります。
  • 今日で体験学習コースが本当に最後だということは信じられないです。1年間が早かった!とつくづく実感します。1年間の充実した体験を修了式でしっかり発表できるようがんばります。
  • 何も知らない人に,それを分かりやすく伝えるって難しいなと思った。
  • 今日はプレゼンの発表練習をしました。プレゼンは難しいです。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート