京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

生物

生物の2008年10月18日の内容はこちら

実習指導

篠原 渉 助教

チューター

後藤 静(博士課程1回生)
掛澤明弘(学部4回生)

ボランティア

なし

実施場所

 

実習内容

野外の身近な植物からDNAを抽出して,葉緑体の遺伝子をPCR で増やしてもらう
  • 遠心分離

ガイガーカウンターのキッド

ガイガーカウンターのキッド


実際の実験風景の例として。今回の実習では、ひとりでこれだけ一気にはしておりません。(一人2サンプルずつ)写真はTEバッファーをチューブに入れている様子です。

最終的にDNAを沈殿させた後、沈殿したDNAを洗って乾燥させます。乾燥させたDNAを再び液体にするために、写真のようにTEバッファーを入れて溶かします。


  • TEバッファー

TEバッファー

TEバッファー


実際の実験風景の例として。今回の実習では、ひとりでこれだけ一気にはしておりません。(一人2サンプルずつ)写真はTEバッファーをチューブに入れている様子です。

最終的にDNAを沈殿させた後、沈殿したDNAを洗って乾燥させます。乾燥させたDNAを再び液体にするために、写真のようにTEバッファーを入れて溶かします。


  • PCR

TEバッファー

TEバッファー


PCRの機械です。94度(DNAの2本鎖を1本鎖に)、60度(希望のDNAを合成させて増やすため)を自動で繰り返してくれる機会です。写真のように、 8連チューブに必要な試薬と抽出したDNAを入れ、セットします。


TEバッファー


I実際に稼働させる時は、この写真のように蓋を閉めて行います。


  • 電気泳動

TEバッファー


電気泳動にかけた後のアガロースゲル(寒天のようなもの)です PCR産物(ちゃんと希望のDNAが増えているかどうか)の確認のためにゲルにPCR産物を入れ、電気泳動をし、蛍光下でバンド(光っている線)の位置を確認します。

電気泳動にかけた際に、各DNA断片が長さの違いで進む速度が異なるため、目的のDNAがちゃんと増えているのかが目視で確認できます。(写真は十分な光量のないところで撮影したため、ノイズが必要以上に入ってしまったのだと思います。)


平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート