京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

社会・環境の科学

社会・環境の科学の2015年2月21日の内容はこちら

実習指導

髙橋 良和  (工学部/工学研究科 社会基盤工学専攻 准教授)

チューター

北橋 果林 (工学研究科 都市環境工学専攻 修士1年)
木戸 隆之祐 (同 修士1年)
北橋 果林 (工学部地球工学科 学部4年)

ボランティア

なし

実施場所

工学部3号館N3講義室

実習内容

3チームに分かれ,基盤コース後期の実習内容に関するブレインストーミングを行い整理するとともに,とそれに基づく発表構成の発表と指導

ユークリッドによる証明の 説明をしています
ブレインストーミングの結果とそれに基づく発表構成の紹介1

フェルマー数を使った証明の 説明をしています
ブレインストーミングの結果とそれに基づく発表構成の紹介2

フェルマー数を使った証明の 説明をしています

ブレインストーミングの結果とそれに基づく発表構成の紹介3


受講生の感想

  • 今日からプレゼンを作ることになり,内容がまとまらず,あせってます.明日のために,いい内容を練り上げたい.
  • 今までの実習から,様々な観点からの地球工学についてまとめたが,思っていたよりも難しかった.いい発表にしたいと思う.
  • どのような流れのプレゼンにするかなかなかまとまらなかったが,色々と試行錯誤をして,なんとかまとまりそうになり良かった.
  • 地球工学や土木のこと全般について改めて学べて良かったです.マンホールも面白かったです.プレゼン頑張ります.
  • 特に土木のことについての話がおもしろかったです.プレゼンでは,自分が経験したことを他の人にわかりやすく伝えたいです.
  • ブレインストーミングから,つながりを取り出して1つの発表にまとめていくのは,すごく難しい作業だった.プレゼンの資料はどうあるべきか,発表内容は一貫していなければならないことなど,勉強になることが多くあった.今後に活かしたい.
  • 発表をまとめるのは難しかった.時間がすぐに終わってしまった.明日の発表に向けて,もう少し準備をがんばりたいです.
  • 各々が納得のいくようなまとめが見つからず,かなり苦戦を強いられた.なかなかELCASのことを話し合うということがないので,今回はいい経験になったと思う.

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート