京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

素粒子「ニュートリノ」

  • 素粒子「ニュートリノ」

日時

2010年2月6日(土) 

講師

中家 剛教授

受講生の感想

  • 素粒子についてよくわかった。一度スーパーカミオカンデを見てみたい。
  • わかりやすくてとても面白かったです。粒子が思考すらも作っているということに驚きいた。
  • 本日の内容は依然少し調べたのである程度理解できてよかった。
  • もう少し難しい内容のものでも良いと思った。もう少し詳しく説明してほしかった。
  • ニュートリノが電荷を持たないことは知らなかった。大学では量子力学を取ろうと思っていたのでよかった。
  • ニュートリノについてあまり知らなかったので少し理解ができてよかった。
  • ニュートリノについて全然知らない世界だったが少し理解ができてよかった。
  • 初めてニュートリノという言葉を聞き、ちょと難しかったです。もっと勉強して理解できるようになりたい。
  • 素粒子についてこれまでも面白いと思っていたが、今回の講義を聞いてより興味が持てた。
  • アニメーションが多くて分かりやすかった。ニュートリノについて深く知れてよかった。
  • 非常にわかりやすい物理だった。
  • 原子やニュートリノのような目に見えないものは実感が湧きづらい。
  • 最後の生き方的な話が面白かったです。クォークの種類や混ざるという点が興味深かった。
  • 今日の講座はとても分かりやすく面白かったです。12月の今井先生の話に少し絡むところがあってよかった。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート