京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

DNAの損傷と修復

日時

2009年3月7日(土)

講師

秋山(張)秋海准教授

受講生の感想

  • DNAが生物学にとって重要であることは知っていたが、自己の管理さえ行う複雑さに驚いた。
  • 人間の体の中でも、1日の間にすごい数のDNAが損傷しているなんて驚きだった。
  • 高校の授業ではさらっとしか触れないところでもとても深い内容でこれが大学の授業内容かなとイメージができました。
  • DNAの修復、損傷について最近の研究も交えた講義で面白かった。具体的な遺伝病として早老症などが挙げてあり、ニュースなどで聞いたことがあったのでつながりが良く分かった。
  • DNAの異常によって身体に様々な影響がでるというのは恐ろしいと感じました。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート