京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

期間

2012年7月22日(日)10:00 – 16:40

場所

京都大学理学部6号館401号室

対象

高校生(引率教員・保護者)

nagata zenkei1 zenkei2


  • 吉川 謙一 教授 「オイラー数とベクトル場」

吉川 謙一 教授 「オイラー数とベクトル場」

閉多面体のオイラー数は「頂点の数」と「面の数」の和から「辺の数」を引いて得られる整数です。「穴のない多面体ではこの数はいつも2になっています。この様にして決まるオイラー数ですが、この整数は面上に「流れ」(ベクトル場)を考えた時に、どれだけの渦が存在するかという問題にも関係しています。実は、適当な符号をつけて渦の個数を足し合わせると、オイラー数に等しい事が知られています。講演ではオイラー数とベクトル場の関係についてお話する予定です。

 


  • 川上 則雄 教授 「超伝導のふしぎ ~マクロな量子現象~」

早田 次郎 准教授 「ミクロとマクロをつなぐ宇宙膨張」

1911年の超伝導の発見から既に100年が経過した。この間、超伝導の基本的性質やメカニズムが解明されるとともに、新しいタイプの超伝導が 次々に発見され基礎科学およびテクノロジーの発展に大きく寄与してきた。超伝導の本質に迫るためには「マクロに生じる量子現象」を理解する必要が ある。ここでは、固体中の電子たちの量子的な性質に注目し、超伝導がなぜ生じるのかをわかり易く解説する。

 


  • 三木 邦夫 教授 「タンパク質のかたちとはたらき」

早田 次郎 准教授 「ミクロとマクロをつなぐ宇宙膨張」

私たち生物が生きるために必要な化学反応のほとんどをタンパク質が担っている。生命現象におけるタンパク質の役割は極めて多様であり、タンパク質のはたらき(機能)はそのかたち(構造)と密接に関係している。タンパク質の構造がつくられる基本的なしくみと、いくつかのタンパク質の構造とは機能の関係について述べる。

 


  • 余田 成男 教授 「地球をめぐる風」

早田 次郎 准教授 「ミクロとマクロをつなぐ宇宙膨張」

地球大気は、基本的に太陽からの放射エネルギーによって熱的に駆動され、地表面での摩擦によってブレーキがかかっています。つむじ風、竜巻から、積雲、前線、台風、低気圧、ジェット気流まで、さまざまな空間規模・時間規模での大気現象があり、それらが複雑に絡み合いながら、時間変動を続けています。宇宙からみた大気の映像をもとに、地球をめぐる風の不思議さの一端をお話しします。

 


1 / 212

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート