京都大学ELCAS(エルキャス)

実施レポート

[基盤コース前期]B群 2016年10月15日

情報の理論

河原 達也 教授

情報とは何か?情報とデータはどう違うのか?情報の量はどのように計測するのか?本講演ではこのような素朴な疑問に答えるとともに、様々な情報を符号化する方法について述べます。その上で、私たちが日常使っている言葉の情報を計算機でモデル化する方法について解説し、それが音声認識や機械翻訳などの実現において重要な役割を果していることを説明します。ディジタルな情報が、確率的な理論に基づいていることを理解して頂ければと思います。

算術幾何平均のアルゴリズム -高校数学から計算数学へ-

中村 佳正 教授

相加(算術)平均と相乗(幾何)平均の不等式【数学Ⅱ】と、数列とその極限【数学B、数学Ⅲ】から、約200 年前にガウスが見つけた「算術幾何平均のアルゴリズム」が定義されます。このアルゴリズムは、振り子の周期を表す楕円積分を計算する上で、コンピュータ時代でも計算精度と計算時間の両面でなお最強の計算アルゴリズムであるだけでなく、楕円関数論という数学の花形分野に結びつきました。この講義では、基本的な論理を積み上げていくうちに思いがけない高みに立ち、あらたな応用を獲得することができる数学の面白さを体験していきます。

薬と受容体の化学

加藤 博章 教授

薬が効くとはどういうことなのか、化学の言葉で考えてみましょう。
細胞膜にはいろいろな情報を伝達する化学物質の標的としてタンパク質で作られた受容体と呼ばれる分子があります。そして、その受容体にホルモンのような特定の化学物質すなわち分子が作用します。すると、受容体に何らかの変化が生じて細胞に対して信号が伝わり、生理学的な変化が引き起こされます。例えば、アドレナリンというホルモンは、アドレナリン受容体に作用して、心臓の心拍数を上昇させたり、血管収縮を引き起こしたり、気管支の拡張を促したりすることが知られています。そして、アドレナリンの作用を真似できる分子やその作用を遮断する分子が作られ、薬として用いられています。
では、それらの分子にどんな特徴があれば、アドレナリンと似た作用を示したり、反対にその作用を邪魔したりできる薬となるのでしょうか。そもそも、どうしてアドレナリンは、その受容体に作用することができるのでしょうか。もっとさかのぼって、アドレナリンが受容体に作用するとは、それぞれの分子と分子の間にどんなことが起きていることなのでしょうか。これら薬と受容体の作用メカニズムのなぞに化学で迫っていきましょう。

平成29年度 実施レポート

年度別の実施レポート