京都大学ELCAS(エルキャス)

実施レポート

[基盤コース前期]B群 2017年10月21日

生物と温度について

工学研究科 合成・生物化学 梅田真郷 教授

私たちは、日頃から今日は暑いなあ、寒いなあ、と言っていますが、生物の長い歴史を考えると、生物種の存亡を左右する最も大きな要因の一つが温度です。一方、私たちの体は、炭素や水素、酸素などの限られた原子の組み合わせによって作り出されるタンパク質や脂質などの分子から出来ています。このような分子の働きや集合状態を規定するのも温度です。今回の講義では、地球温暖化による生物種の大量絶滅、生物の温度適応や温度センサー、動物の体温調節など、生物と温度の関わりについて分子から環境までの様々な視点から考えてみようと思います。

薬と受容体の化学

薬学研究科 構造生物学 加藤博章 教授

薬が効くとはどういうことなのか、化学の言葉で考えてみましょう。細胞膜には情報を伝達する分子の標的としてタンパク質で作られた受容体と呼ばれる分子があります。そして、ある受容体に、ある分子が作用すると、その受容体に変化が生じて細胞内へ信号が伝わり、生理学的な変化が引き起こされます。例えば、アドレナリンというホルモンは、アドレナリン受容体に作用して、心臓の心拍数を上昇させたり、血管収縮を引き起こしたり、気管支の拡張を促したりすることが知られています。そして、アドレナリンの作用を真似できる分子やその作用を遮断する分子が作られ、薬として用いられています。では、それらの分子にどんな特徴があれば、アドレナリンと似た作用を示したり、反対にその作用を邪魔したりできるのでしょうか。そもそも、アドレナリンが受容体に作用するとは、それら分子の間にどんなことが起きているのでしょうか。これら薬と受容体の作用メカニズムのなぞに化学で迫っていきましょう。

平成29年度 実施レポート

年度別の実施レポート