京都大学ELCAS(エルキャス)

実施レポート

[基盤コース前期]C群 2016年10月15日

藻類の多様性と地球環境

宮下 英明 教授

酸素を発生する光合成を行う生物の中からコケ植物、シダ植物、および種子植物を除いた残りのすべての生物を「藻類」と呼んでいます。藻類は、ミラクルな進化を遂げ、想像を遙かに超えた多様性をもつ生物の集まりです。地球史においては酸素を含んだ大気の形成を担った生物であるとともに、現在でも地球環境および地球生態系の維持に重要な役割を果たしています。本講義では、光合成の誕生から藻類の進化・多様化、地球生態系の維持における藻類の重要性、藻類を利用したバイオ燃料生産の現状と課題などについて紹介します。

社会基盤の構築と数学・物理のつながり

木村 亮 教授

人々の生活基盤となる様々な社会資本の整備においては、環境中における橋梁やトンネル構造物の挙動、水、地盤、人や交通の流れといった現象を、その根底にある原理を把握して、数学や物理的な知識を総動員して適切に「モデル化」することが必要となります。この講演では、私たちの身近にある社会資本の整備において、高校で学習する数学や物理の知識を用いて高度な「モデル化」がどのように行われているかを具体例に挙げて紹介します。

菌類学入門

田中 千尋 教授

菌類は、かび、酵母、きのこを包含する生物群で、陸上生態系において、植物( =生産者)、動物(=消費者)の生産物・消費物を系内でリサイクルする分解者として進化してきたと考えられている。しかし、菌類はこの進化の過程で植物と特に深い関係をもち、植物の分解者としてだけでなく、寄生者あるいは共生者として主要なものとなっており、農業生産に多大な影響を与えている。本講義では、これら菌類について、あまり知られていないヒトとの関わりを中心に概説するとともに、最新の菌類学の話題を基礎ならびに応用生物学の両側面から紹介する。

平成29年度 実施レポート

年度別の実施レポート