京都大学ELCAS(エルキャス)

実施レポート

[基盤コース前期]C群 2017年10月21日

野生霊長類の研究から人類の起源と進化を探る

理学研究科 霊長類学 中川尚史 教授

われわれ人類の生物学的な定義は直立二足歩行をする霊長類ですが、それ以外にも人類はさまざまな特徴的な形質をもっています。霊長類学は、遺伝子、脳・神経、心理・認知、行動、形態、社会・生態などに関する人類以外の霊長類の諸形質を調べることで、その形質が人類固有なのか、あるいは進化の階梯をどこまでさかのぼれるのか、その形質を生み出した淘汰圧は何かを探るところに存在意義があります。本講義では、私が野生のニホンザルやパタスザルの研究を通じて得た、人類の社会的慣習の起源、その長い肢を生み出した淘汰圧について、ELCASらしい体験型に近づけるべく映像を交えてお話します。

人工知能入門

情報学研究科 人工知能 西田豊明 教授

人工知能技術は、知覚、インタラクション、推論、問題解決、言語運用、連想記憶、学習といった、人に特有な知的な情報処理を自律的に実行できる人工システム̶人工知能̶を実現するための技術です。本講義では、まず、過去60年間にわたる人工知能技術の発展の過程で培われてきた、知的探索法、知識の表現と利用、機械学習、会話システムの原理を俯瞰します。次に、人工知能技術が日常生活から社会基盤に至る社会の様々な場面でいまどのように応用され、どのようなインパクトを与えつつあるかを概観します。最後に、これからの人工知能技術が人間社会に有益であるために注意すべき事柄について検討し、みなさんがどのように貢献し得るかについて、議論します。

平成29年度 実施レポート

年度別の実施レポート