京都大学ELCAS(エルキャス)

実施レポート

[専修コース]ワクワク起業


2017年8月6日

  • 実施場所

    吉田キャンパス 国際科学イノベーション棟304号室

  • 当日の講師

    瀧本 哲史 客員准教授

  • チューター

    下山 哲弘、長谷川 確、布川 愉之、野間口 大雅

  • 実習の内容

    論文の大まかな構成を決め、それをたたき台としてチューターとブラッシュアップを行った。根拠の不足分を補うとともに、主要なデータを収集、分析した。論文の完成のために必要な課題をアサインして解散した。

  • ワクワク0806-1論文の構成のブラッシュアップ
  • ワクワク0806-2論文のエビデンス収集
  • ワクワク0806-1エビデンスの数値計算

2017年7月30日

  • 実施場所

    吉田キャンパス 国際科学イノベーション棟304号室

  • 当日の講師

    中原 有紀子 研究員

  • チューター

    辻本 友樹、下山 哲弘、布川 愉之、野間口 大雅

  • 実習の内容

    プロトタイピング実習を行った。受講生はレーザーカッターを用いた材料の切断や、3Dプリンターによる構造物の成形を通じて、プロトタイピングに必要な基礎的事項を学んだ。

  • ワクワク0730-13Dプリンターに関する学習
  • ワクワク0730-2レーザーカッターに関する学習
  • ワクワク0730-3プロトタイピング実習

2017年7月23日

  • 実施場所

    吉田キャンパス 国際科学イノベーション棟304号室

  • 当日の講師

    瀧本 哲史 客員准教授

  • チューター

    下山 哲弘、長谷川 確、布川 愉之、野間口 大雅

  • 実習の内容

    前回と今回の間で作成したアンケートをSNS等で配布し、回答を収集するようにした。また、現状考えられるアンケートの回答の傾向を何通りか予測し、その回答に対してどういうプロトタイプを作成すれば良いかを考えるフローを、チューターが参加高校生に説明した。

  • ワクワク0723-1今後の流れの説明
  • ワクワク0723-2デザインの模索
  • ワクワク0723-3これまでの流れの整理

2017年7月13日

  • 実施場所

    吉田キャンパス 国際科学イノベーション棟304号室

  • 当日の講師

    瀧本 哲史 客員准教授

  • チューター

    下山 哲弘、布川 愉之

  • 実習の内容

    参加高校生が前回から今回までに作ったアンケートをたたき台として、瀧本先生のフィードバックをもとにアンケートをブラッシュアップした。提供する製品のバリュープロポジションがどのような仮説に基づいているのかの再確認を通じた作業となった。また最終的な発表の場をどこに設定するかについても話し合いが行われた。参加高校生は、アンケートの細かい文面を追加し、随時それを商品のターゲットに対して質問していくこととなった。

  • ワクワク0713-1アンケートの文面作成
  • ワクワク0713-2検証するべき仮説の確認
  • ワクワク0713-3アンケートで聞くべき項目のディスカッション

2017年6月18日

  • 実施場所

    吉田キャンパス 国際科学イノベーション棟304号室

  • 当日の講師

    瀧本 哲史 客員准教授

  • チューター

    下山 哲弘、長谷川 確、布川 愉之、野間口 大雅

  • ボランティア

    辻本 友樹

  • 実習の内容

    まず、参加高校生から前回と今回の講義までの間に行った調査の報告が行われた。その後、瀧本先生とチューターでフィードバックを行い、調査結果を用いて起業プランの骨組みを固めた。そして骨組みをもとに次回までの調査項目を決めた。最後に、参加高校生に対して瀧本先生が講義全体のフローの確認と、そのフローにおける現在の調査のポジションの説明をした。

  • ワクワク0618-1調査報告とそれに対するフィードバック
  • ワクワク0618-2起業プランの骨組み固め
  • ワクワク0618-3次回までの調査項目決め

活動を通して学んだこと

  • 今後の見通し

2017年5月28日

  • 実施場所

    吉田キャンパス 国際科学イノベーション棟304号室

  • 当日の講師

    瀧本 哲史 客員准教授

  • チューター

    下山 哲弘、長谷川 確、布川 愉之、野間口 大雅

  • 実習の内容

    まず、ガイダンスとして瀧本先生から講座の趣旨について説明が行われた。その後、参加高校生とチューターでワールドカフェ形式のディスカッションを行った。そして、その議論をもとに、起業アイディアの種を探し出し、次回までの調査項目等を決定した。

  • ワクワク0528-1瀧本先生によるガイダンス
  • ワクワク0528-2瀧本先生による授業
  • ワクワク0528-3ワールドカフェ形式の議論

活動を通して学んだこと

  • パラダイムシフトの原因に、世代交代がある

平成29年度 実施レポート

年度別の実施レポート