京都大学ELCAS(エルキャス)

実施レポート

[専修コース]燃料電池の反応工学

工学研究科 化学工学専攻 反応工学研究室

<実施日>

2017年4月15日

  • 実施場所

    桂キャンパス A4-229コミュニティースペース

  • 当日の講師

    河瀬 元明 教授

  • チューター

    飯島 悠太

  • ボランティア

    影山 美帆、山口 和宏、村瀬 叶多

  • 実習の内容

    第一回として、電池とは何か、電位とは何か、電解質溶液を用いる液相電池と固体電解質を用いる気相電池の違い、電池内部の電位分布、電池の内部抵抗、ガス拡散電極内の電位分布などを基礎から説明し、実験で用いる燃料電池の装置を分解し、その構造を説明した。

  • 燃料電池の反応工学_実習風景受講者への説明

活動を通して学んだこと

  • ボルタ電池、燃料電池などの電池の構造や、電位や内部抵抗などによる電池についての仕組み。

平成29年度 実施レポート

年度別の実施レポート