京都大学ELCAS(エルキャス)

実施レポート

[基盤コース前期]A群 2016年10月15日

タンパク質の形から生命現象を理解する

杤尾 豪人 教授

タンパク質の形から生命現象を理解する細胞は様々な外界の刺激に応答します。例えば、体内に病原体が侵入してくると、これを察知して攻撃し、排除してしまう免疫応答などです。このような細胞レベルの現象も、細かく細かく見ていくと、最終的には、分子の働きに行き着きます。生体は特別な役割を持った沢山の分子(多くの場合はタンパク質)を持っていて、それらが細胞の中や表面で、結合したり、離れたり、時には化学反応を起したりすることで、細胞の様々な応答が引き起こされます。本講義では、免疫や炎症に関係するタンパク質の構造を見ながら、その働きを紹介します。

系外惑星発見による宇宙観・生命観の大変革

佐々木 貴教 助教

1995 年以来、2000 個を超える太陽系外の惑星が発見され、この数年では地球型惑星の発見も相次いで報告されています。これらは地球のように海をたたえて生命を育む惑星が宇宙に充満する可能性、さらには、そのことにより生命の存在も相対化される可能性を示しています。自然科学の次の大きな課題の一つは、宇宙における生命進化の一般性・多様性の探求であり、それを実現する惑星の探求です。本講演では、系外惑星の理論や観測に関する簡単なレビューを行うとともに、系外惑星の発見によっていかに人類の宇宙観・生命観が大きく変化し始めているのかを、最新の話題を交えながら熱く語ります!

分子レベルでみた光合成の仕組み

竹田 一旗 准教授

「光合成」とは、生物が日光を利用して二酸化炭素からデンプンなどの有機物を作る作用のことです。シアノバクテリアや紅色細菌など、植物以外にも光合成をおこなう生物がいます。光合成では、集光や電荷分離、電子伝達、ATP 合成、炭酸固定などに関わるさまざまな種類のタンパク質が協力し合っています。これらのタンパク質の多くは、すでに分子構造が詳細に解明されています。講義では、タンパク質構造の決定方法や、最新の成果、未解明の問題を紹介しながら、分子レベルで光合成の仕組みを解説していきます。

[基盤コース前期]A群 2016年10月1日

生物と温度について

梅田 真郷 教授

私たちは、日頃から今日は暑いなあ、寒いなあ、と言っていますが、生物の長い歴史を考えると、生物種の存亡を左右する最も大きな要因の一つが温度です。一方、私たちの体は、炭素や水素、酸素などの限られた原子の組み合わせによって作り出されるタンパク質や脂質などの分子から出来ています。このような分子の働きや集合状態を規定するのも温度です。今回の講義では、地球温暖化による生物種の大量絶滅、生物の温度適応や温度センサー、動物の体温調節など、生物と温度の関わりについて分子から環境までの様々な視点から考えてみようと思います。

宇宙はブラックホールがいっぱい -X線天文衛星による宇宙観測

鶴 剛 教授

光もガスも何でも飲み込んでしまう天体「ブラックホール」は、1971 年に白鳥座から初めて見つかりました。その後の研究から、ブラックホールには色々な種類があることがわかってきました。質量も太陽の10 倍程度のものから、驚くべきことに10 億倍に達するものも存在します。ブラックホールは吸い込むだけではありません。X 線や高エネルギー粒子を放出し、銀河進化に大きな影響を与えます。つまり活動する宇宙の重要なプレイヤーです。講演ではブラックホール研究の世界、そしてそれを支えるX 線天文衛星を紹介します。

植物の光合成を実現する光と分子の関わりの原理とそれを調べる光物理化学

熊崎 茂一 准教授

光エネルギーを利用して無機化合物から生命活動に必須な有機化合物を作り出せる光合成は地上の生物圏維持に必須であり、地球環境の維持、食料生産、人工的エネルギー生産のためにも学ぶべきことが多い。光合成を実現する仕組みは複雑ではあるが、反応の素過程は物理や化学の原理で実現している。分子レベルや細胞レベルでの光合成の仕組み、光合成生物の仕組みを解き明かすためにも光を用いた物理的、化学的測定法が役に立つ。光と分子の関わり方を記述する科学の基礎、光合成反応を調べる測定科学の基礎について解説を行う。

平成28年度 実施レポート

年度別の実施レポート