京都大学ELCAS(エルキャス)

実施レポート

[専修コース]土の物理〜ミクロからマクロへ〜

農学研究科 施設機能工学分野

2017年6月17日

  • 実施場所

    吉田キャンパス 農学総合館S173

  • 当日の講師

    村上 章 教授
    藤澤 和謙 准教授
    福元 豊 助教(長岡技術科学大学)

  • チューター

    友部 遼、岡田 紘明、高松 亮佑

  • 実習の内容

    一面せん段試験に対する解析を行い、実験で得られたデータとの比較を行った。また、次回のために砂時計の実験を行った。

  • 土の物理0617-1実験データの解析の様子
  • 土の物理0617-2砂時計の実験の様子

活動を通して学んだこと

  • シミュレーションにおける摩擦パラメータの大切さが分かった。

2017年5月27日

  • 実施場所

    吉田キャンパス 農学総合館S173

  • 当日の講師

    村上 章 教授
    藤澤 和謙 准教授
    福元 豊 助教(長岡技術科学大学)

  • チューター

    友部 遼、岡田 紘明、高松 亮佑

  • 実習の内容

    一面せん断試験をDEMを用いてシミュレーションするため、条件の整理や初期配置の作成を行った。それから実際にプログラムを動かし、結果を一部整理した。

  • 土の物理0527-1プログラムの解説
  • 土の物理0527-2結果の検討法についての解説

活動を通して学んだこと

  • エクセルとDEMを併用してのシミュレーションの仕方。

2017年5月13日

  • 実施場所

    吉田キャンパス 農学総合館S173

  • 当日の講師

    村上 章 教授
    藤澤 和謙 准教授
    福元 豊 助教(長岡技術科学大学)

  • チューター

    友部 遼、岡田 紘明、高松 亮佑

  • 実習の内容

    一面せん断試験の解説を行った後に実験を行った。また、得られた結果をまとめた。

  • 土の物理0513-1一面せん断試験の解説
  • 土の物理0513-2実験の様子

活動を通して学んだこと

  • 実験は準備がとても大切なこと。
    エクセルの発展的な使い方、データのまとめ方。

2017年4月15日

  • 実施場所

    吉田キャンパス 農学総合館S173

  • 当日の講師

    村上 章 教授
    藤澤 和謙 准教授
    福元 豊 助教(長岡技術科学大学)

  • チューター

    友部 遼、岡田 紘明、高松 亮佑

  • 実習の内容

    今後の日程について確認を行い、一面せん断試験の解説をした。その後DEMのプログラムを動かし、一面せん断試験の準備をした。

  • 土の物理〜ミクロからマクロへ〜_実習風景プログラムの解説
  • 土の物理〜ミクロからマクロへ〜_実習風景結果の検討

活動を通して学んだこと

  • DEMの基本的な使い方をおさらいし応用的なことをシミュレーションした。

平成29年度 実施レポート

年度別の実施レポート